社会人が長期休暇をとるときのマナーとは?

 休みの日が決まっている職業もあれば、決められた期間なら休む日は自由だという職業もある。以前はお盆前後に夏休みとして休暇が与えられる会社が多かった。しかし近年はニーズが多様化したりライフスタイルの変化から、後者のように休む時期を自由に決めることができるという、柔軟な体制をとる会社が増加しつつある。しかし、やはり長期休暇は取りにくいという人が多いのではないだろうか。そこで休みを気持ちよく取得するために、社会人として身につけておきたいマナーがある。

 休暇をとる時期としては比較的会社が忙しくない時期を選ぶのがベストである。仕事のスケジュールを確認しながら、上司に休みを取りたい時期を伝えると同時に、仕事に差し支えないかどうか相談することが大切だ。特に長期で休みたい場合は早めの対応が必要である。もし上司と休暇をとる時期が重なってしまった場合は、できるだけ譲る姿勢をとることが重要だ。特に休みが重なりやすいゴールデンウィークなどは、他の人の休み方によって適切な対応をすることが、社会人としてのマナーである。

 そして実際に休みを取得することができれば思う存分楽しみたいものだ。そのために、休暇中に仕事でのトラブルは必ず防ぎたい。まず、会社や取引先からの連絡が入ることが分かっていれば、あらかじめ不在にする期間を伝えておかなければならない。また、自分が担当している仕事を引き継いでもらう人には、仕事内容と現在の状況を説明しておくことが大切である。このように相手を思う行動が、結果罪悪感なく長期休暇を取得することにつながるのだ。

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし